青魚に多く含まれる成分

栄養補助食品

DHAとEPAは、青魚に多く含まれる成分で、身体に良い効果があります。最近では、健康食品やサプリメントなどが、たくさんでています。簡単で、摂取しやすいサプリメントですが、過剰摂取には注意して上手に生活の中に取り入れましょう。

病気に負けない身体を作る

海藻

わかめや昆布に含まれるフコイダンが注目されています。様々な健康効果があるとされており、これをサプリメントで摂取すると効果的です。現代人を悩ませる様々な原因に作用する成分なので毎日の暮らしに役立てましょう。

血こそが健康の源

白いサプリメント

EPAは良い物ですが似通ったサプリメントも多く成った事で新しい方向性が必要となり、複合的な機能性の獲得といった形での商品化が今後はされてくるはずです。EPAは中性脂肪を減らす働きが強くそれが他との違いですがそれだけで無く、血液の凝固を防止したり炎症にも良い物の毎日摂取する事が重要でもあるのです。

LDLコレステロールです

お腹

血管壁に浸透します

悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあることを聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いについて、すぐに答えることができる人は意外と少ないものです。それでは、その違いについて簡単に説明します。悪玉コレステロールとは、LDLコレステロールのことです。これは、コレステロールを含有する低比重リポタンパクという意味です。リポタンパクに包み込まれることで、コレステロールは血液に溶け込むことができるのですが、LDLコレステロールの場合は、血管壁に浸透しやすくなっているのです。そしてこのことが、動脈硬化と深く関係していることがわかっています。一方の、善玉コレステロールはHDLコレステロールと呼ばれ、コレステロールを掃除する役割を持っています。

減らす効果が期待できる

悪玉コレステロールが増えるだけでなく、悪玉コレステロールが酸化するとさらに動脈硬化を早めると言われています。ですから、早めに悪玉コレステロールを減らす必要があるのです。そこで、悪玉コレステロールを減らすためには次のことが大切になってきます。まずは、動物性脂肪を多く含む食事をできるだけ減らし、野菜をたくさん食べる必要があります。また、運動をすることも大切ですから、少しでも歩く努力が必要です。さらに、サプリメントを利用することも悪玉コレステロールを減らす効果が期待できると言われています。現在では、悪玉コレステロールを減らす目的で作られたサプリメントがたくさんありますから、どのようなサプリメントに人気が集まっているのか調べてみると良いでしょう。